トップページ | 楽な生活からの転落? »

2007年2月27日 (火)

夫が自殺未遂!?

今年の一月、外出先から帰ってくると夫が敷布団の上で布団もかけずに寝ている。なんか変。

よくみると、近くに心療内科でもらっている睡眠導入剤やら精神安定剤やらのゴミがたくさんおいてある。

うわ~、これ全部のんだのかな?


以前から「自殺する」と言っていた。あまり本気にしていなかった。


変な冗談かも。 ゆすったり、くすぐったり、叩いてみたり、目をこじ開けてみたり、・・・それでも意識があるような反応が無い。

さわってみるとまだ暖かいし、多少は動くから死んではいないようだ。


救急車を呼んだ。


そして、病院に一緒に付き添う。


そこで医者がいうには、心療内科でくれるような薬はバケツいっぱい飲まないと死ねないそうだ。とりあえず、死ぬ心配や後遺症の心配も無いそうだ。

それでも薬の飲みすぎで吐き気がしたり、気分が悪くなったりするから、早く薬が抜けるように一晩中天点滴を打つことになった。


本当は帰りたかった。でも、自殺未遂をした人は助けられると窓から飛び降りたりして、また自殺を試みる心配があるから、一晩中付き添うことになった。そのために部屋は一人部屋の個室。


こんなにさめている私。もし夫のことを愛していたら、泣いたり、救急車で運ばれている時とか手を握ったり、そんなことするんだろうな・・・。


夫にもそれなりに良いところはあるとは思うが、ギャンブルで借金を作っておいて、「首が回らなくなったら死ねばいい」、そんな無責任な発言をする、15年以上も一向に生活態度を変えようとしない夫に愛情なんてもうない気がする。


まだ中高生の子供の学費や生活のため(つまりはお金のため)に離婚しないでいるようなものだ。


翌日には退院できた。8万近くもかかった。 まだ自殺願望が強いようだ。


愛情を感じない夫だが、やはり死のうとしている人を放っておくわけには行かない。

なんとか、説得する。


死にたくなった一番の理由は会社でうまくいっていないことだった。それとつくった借金のことでも疲れていたようだ。


そんな状況でも妻が常に愛情もって接していたら、そんな気は起こさなかったのかもしれないが・・・

いままで散々嘘をつかれたり、ごまかされたり、約束を破られてきた私にとって、愛情が復活することは難しい。

|

トップページ | 楽な生活からの転落? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トップページ | 楽な生活からの転落? »