« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月26日 (木)

夫が失踪!?

先週の土曜日のこと、午前中、心療内科に行った夫は腰も悪いからと午後から針に出掛けた。

全くお金がかかるやつだ。針は1回6000円もする所に行っている。自分が借金をたくさんしているくせに通勤にはグリーン車を使っているし。

帰りに夫の弟の職場に顔を出すといっていた。遅くとも5時には帰ってこられるはずだ。

ところが、8時になっても9時になっても帰ってこない。

そういえば、心療内科から帰って来てから、また自殺をほのめかすようなこといっていたなぁ。いつものことだけど、帰ってこないと少し気になる。

いつもパチスロのときは嘘の言い訳メールが送られてくるけど、今回は来ない。

義弟のところへ電話してみた。変わった様子は無かったか、聞いた。

「なんだか元気が無い様子だったけど、パチスロ行くようにも見えなかった」

パチスロだろうとも思ったけど、義弟がかなり心配している。電話も通じないらしい。

わたしはシャクに障るからメールを送ったが、電話は掛けていない。

10時過ぎに義弟から電話がかかってきた。夫から義弟のところに電話があったそうで、「『家に帰れない』とか何とか言っている」と義弟も半べそ状態だった。

最初は自宅近くにいるようなことを言っていたらしいが、そのあと「あるところにいる」といっていたそうだ。

義弟と携帯で話している最中に家の電話が鳴った。夫からだった。

泣いて「申し訳ないから帰れない」「あるところにいる」ということを言ってすぐに切れた。

仕方が無いから、駅のほうまで探しに行ったがみつからない。義弟が捜索願を出したほうがいい、という。

駅近くの交番に捜索願を出した。

交番で15-20分くらいかかっただろうか。

帰り道、向こうから夫が歩いてくる。

そこへ娘からメールが「お父さん家に来た、お母さんが探しに行ったって言ったら、また出て行った」とのことだった。

な~んだ、帰ってきたんじゃん。

かなり落ち込んでいる様子だったが、やっぱりほっとけばよかった。

理由を聞くと、出張の交通費を家計費から借りたり、クレジットカードでチケットをかった分など、会社から経費が戻ってきたのを私に渡さずに使い込んでパチスロをしていたそうだ。

それで手元に残っていた唯一キャッシングできるクレジットカードから何度か借入れ、(パチスロで取り返そうとしたのか?)それも返せなくなって家に帰りづらくなったそうだ。

結局は自殺しそうな様子や落ち込んだ様子を見せれば同情してもらえる、そんな考えから、こんなことをしたんだろう。

「嘘ばかりつくから辛くなるんでしょ! もう嘘やごまかしはやめなよ!」という私に

「はい、もう嘘は言いません。これが全部です」という夫。

そして「電話を掛けてきた時どこにいたの?」ときくと

「死のうと思って○△にいた」と言った。

時間が合わない気がして、あとで時刻表を調べたが、やはりつじつまが合わない。「嘘を言わない」と誓っている最中にも嘘を言っていたわけだ。

翌日追求すると、話しがかわって「△×にいた」と言い張る。 そんなごまかし通用するわけがない!

顔を見合わせるたびに私に「申し訳ない」と繰り返す夫。

でも本当にそう思っているのか!? 本当にそう思っているなら、借金返済に協力してもらっている最中に借金をかさねるかな!?

それに先週は、夫は旧友にお金を貸してくれと電話を掛けたそうだが、私を悪者にして、私のせいでお金が無いと言ったそうだ。

申し訳ない相手を悪者にできるかな!? その旧友と私は以前から面識があるんだから、普通はなおさら悪者にはできないだろう。

その旧友は夫のいっていることがおかしいからと、夫が居ない時に家に電話をして知らせてくれた。もちろん、お金は貸さなかったそうだ。

家族を失うかもしれないのに、旧友の信頼や友情まで失ったらどうするんだよ!

だんだん、そしてもっともっと夫が嫌になっていく。

少しでも良くなってほしいと思うから、夫のいうことを信じたくなるときもあるが、今まで以上に信じないほうがいいってことなんだね。

そんなの家族って呼べるかな?

| | コメント (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »