« 消えていくお金 | トップページ | 日曜版、求人広告をチェック »

2007年9月23日 (日)

いろいろな節制方法-野菜

生活費を削るため、いろんな節約をしている。

野菜についてはこんな↓感じ


1.買い物

①安い八百屋か、農家が作った野菜を直接買う。

今までの激安例(直売)

小ピーマン20個 50円

表面が少しきれいじゃないナス 8個 50円

16インゲン (とってもたくさん) 100円

しょうが 8切れ 50円

②スーパーの特売で買う。

かなり安くなるものもある。

バナナはシュガースポット(こげ茶色の反転)が出て美味しくなっている頃半額になることがあり、それを買う。 バナナのように暖かいところでとれる果物は生で食べると身体を冷やすそうだが、熟したものは冷やさないそうだ。美味しい上に安くて身体にもよい。


2.プランターで育てる

①コネギ 買ってきたコネギの切り取った根っこ部分をプランターに植えて生えてきた青いところを切っては食べる。

あぶらむしは、いらなくなった筆をぬらしたもので撫でるように拭きとるとよくとれる。

この夏はねぎを一度も買わなかった。

冷奴、韓国冷麺、そうめん、チャーハン、などなどで大活躍。

②小松菜 買ってきた小松菜の切り取った根っこの部分をプランターに植える。

根っこがしっかりしているから、葉がすぐ生えてくる。葉っぱを切り取っては食べる。

③シナぼれてしまったジャガイモをプランターに植えて、新しいジャガイモを収穫する。

④ブロッコリーの種を植える。

⑤ラディッシュを種から植える。

20日位から収穫できる。


3.野菜の皮はほとんどむかないで食べる。

野菜の皮には一番栄養があるそうだ。

ジャガイモ、にんじん、ごぼう、などなどほとんどむかないでそのまま食べている。おかげでごみも少なくて、一石三鳥。

|

« 消えていくお金 | トップページ | 日曜版、求人広告をチェック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 消えていくお金 | トップページ | 日曜版、求人広告をチェック »