« 夫の友人から電話 | トップページ | 母子家庭の児童への手当て »

2007年9月26日 (水)

友人や知人の話 

昨日9/25友人と少し離婚のことなどで話した。

友人の一人Yは子供の頃父親のギャンブルによる借金と女で母親はすごく苦労したそうだ。


それでも離婚しなかったから、母子家庭よりは生活はましで、母子家庭のような経済的な苦労はしなくてすんだといっていた。


友人Yの知っている母子家庭家族は経済的に本当大変そうだという話。そうだろうなと思う。だから、今までずっと迷ってきている。


経済だけを考えれば、このままずるずるしていれば、しばらくの間は生活は保たれるかもしれない。

子供達も学校へ行かせてあげられる。。。

娘は離婚の危機を危惧して、バイトを掛け持ちしようとしている。

なんだかかわいそうになってきてしまう。

息子はまだなんだかよくわかっていないけど、先輩達は部活関連の私立に進む予定で、自分も部活関連に進みたいと考えているらしい。

そういう夢を壊してしまうことになるのかなあ。


最近離婚した子持ちの知人に少し相談してみた。

離婚してみて大変さを身にしみているからこそ、

「もし、ほんの少しでも、離婚が回避できる方法があるのであれば、
出来る限り壊さない方向で頑張っていただけたらと思います。
(何年か別居なさってみるとかはいかがでしょう・・・)」というメールをくれた。

経験者の言葉はなんだかすごく心に響く。

|

« 夫の友人から電話 | トップページ | 母子家庭の児童への手当て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夫の友人から電話 | トップページ | 母子家庭の児童への手当て »