« 今週の夫の動き | トップページ | もう夫は信じない »

2007年10月 5日 (金)

法律相談

月曜日、法律相談に行ってきた。

結果は、

現状なら、夫に養育能力なしと判断され、親権は妻になる。

夫名義のローンを残したまま、自宅を妻に名義変更できる(財産を分けることができるため)が、夫がローンを返済しないと、自宅は抵当権が入っているので取られてしまう。

財産分与、慰謝料、養育費が取れる状況だが、退職などでお金がなくなり払えない状況の場合は、取りはぐれる危険がある。

嘘の理由で会社をサボる行為、領収書偽装行為、などは懲戒解雇になる可能性大のため、そうなると、退職金が出ない可能性も高い。

協議離婚できまった調停証書に書かれた事項は裁判所の判決と同じ効力を持つため、給料や退職金、財産、口座の差し押さえができる。ただし、退職金については退職した後本人が引き出して使ってしまったりすると差し押さえられない。

調停は平日呼び出されて双方が出席する。それをすっぽかす等の行為が2,3回あると家庭裁判所になる。

裁判は弁護士をつけなければ印紙代などで数千円程度。

ネットで申し立ての書式はダウンロードできる。

|

« 今週の夫の動き | トップページ | もう夫は信じない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週の夫の動き | トップページ | もう夫は信じない »