« 自殺未遂1周年記念 | トップページ | 派遣の期限切れ »

2008年1月30日 (水)

堂々とやるパチスロがすっかり習慣に

最近の夫は週末はパチスロに通いまくっている。

平日も仕事で遅くなったようなふりをしてパチスロをやっているようだ。

幸い先週末は勝ったらしい。

週末財布に75,000円も入っていた。

最近財布の中身を操作しているから、

私が覗いた時に他にお金を隠し持っている場合がある。

もしかすると「勝ったフリをしてまたどこかで借金」なんてことになっていないことを祈る。

とにかく夫を監視するのに疲れた。

いくらいってもあの性分は治らない。

無駄な抵抗だと思うようになった。

|

« 自殺未遂1周年記念 | トップページ | 派遣の期限切れ »

コメント

人は、その人自身が困らない限り、(人のためには)変わらないと思う。

変えられるのは、自分だけ。

どう変わればいいのか、自分で見つけないといけない。

そんな気がする。

投稿: まーちゃん | 2008年2月 1日 (金) 10時56分

こんにちは。
コメントに返信下さって、ありがとうございます。
長文歓迎とありましたので、早速(苦笑)。

旦那さん、堂々とスロに行き始めましたか(=_=;)困りましたね。スロに行けない環境になればいいのですが…韓国はパチンコそのものが法令で禁止されたみたいですね。

僕は、個人的にはスロット自体は悪いとは思わないんです。楽しむ範囲で打てる人が5割くらいはいますから。

旦那さんが、どういった経緯でスロに嵌るようになったかが問題ですが…
お金そのものが目当てなら、スロは今、「時代」が悪いですし(詳しくは省きますが、朝イチから高設定を打たないと大した給金になりません。法令で業界も苦しんでるから、客に還元しなくなりました)、他に健全な儲け話があればそれに没頭すると思いますが、無いですし。

僕は、お金が原因なら、なんとかなると思います。
お金の管理を「本人以外」が徹底すればいいですから。
旦那さん、お仕事で免許証は使われますか?
保険証と免許証の管理も含め、金を借りられない状態を作るのも大事です。免許証があればすぐに借金できますから、本当は没収するのが一番です。
不安なら、毎月消費者金融に電話して確かめるのが一番かと…。
「○○太郎の妻だが、返済の件で相談がある、旦那が病気で倒れた、何か手続きは必要ないか」と言えば本人でなくとも教えてくれるでしょう。
「お借り入れはありませんが」と言われたら「あれ、プ○ミスさんじゃないの?慌てて間違えた」とか適当な事言って、切ればいいです。
毎日のお小遣いですが、3,000円あれば一発…なんてことを考えます(そういう機種もあるんです)。
手持ちは毎日、2千円がいいでしょう。営業で立替が必要なら、その分の現金は持たせ、領収書のコピーを提出する事と、雑費専用の口座、そのキャッシュカードは奥様が管理して下さい。
辻褄が合わないときは、徹底的に問いただして下さい。正直に話すまで。3回くらいは嘘つきます。
2回目の「いや、本当は…」も嘘。
夜中にこっそり財布から抜いて、ATMで下ろすかもしれませんので、出来れば番号式のカギがついた入れ物(簡単なものでいいです)に入れておくといいと思います。
それでも「付き合いで急な出費もあるだろう」って言い出すなら、カードを持たせましょう。
クレジットカードは、スルガ銀行(間違ってるかも…すいません)が発行している究極の依存症対策カードがあります。
スルガの専用口座に入金している分が限度額、キャッシング枠ゼロというものがあります。
VISAが使える店で使用可能な、クレジットカードの形をした「デビットカード」みたいなものです。
口座の残高が限度額なので、使いすぎる心配はないです。

それ以外の要因で「依存症」ならば、これは問題です。治る確率は極めて低いかと…。「当たる事そのものが快感」という人は、きっと精神的に問題があります。

旦那さんは、お仕事順調ですか?これが一番のバロメーターだと思います。

体調が悪い、と言って休んでいらっしゃるようなら、かなり末期に近い…かも。
はっきり言って、このご時世、体調うんぬんで電話一本で休める中間管理職の方はいません。
社内でも立場が悪い、もしくは本当に体調が悪いとしたらもっと危ないです。

僕も、一応「だれでも名前を聞いたことのある企業」の社員でしたが、過労が原因で体調を崩し、退職してスロプロみたいな事を2年続けて、破綻しました。
精神科にも行きました。早い話が病気だったんです。
でも、お金そのものが無くなると、打てないですから。自殺も考え(行動も)ましたが、死ねませんでした。どうしても怖くて。
ちなみに、お金があれば今でも打ってると思います。

離婚を考えていらっしゃいますか?
もし、生活が…という理由で躊躇されているなら、即決されては?
僕の両親も離婚していますが、子供は勝手に育つ、って言うじゃないですか。
離婚できない事情が色々おありでしょうが、もし、愛情が無いならば離婚をするためにどうすればいいか、考えられては?
 
監視するのに疲れてしまう…「私を騙せるなら、騙してごらんよ」くらいの気持ちでがんばって下さい。
それでも疲れたのなら、貧乏でも、別れて暮らすのが一番じゃないですか?

ちなみに、うちの母は今54歳ですが、大手パチンコ店(ここでもパチンコかい!)の雑用係(掃除のおばちゃん)として「正社員」として働いてますよ。
大手は儲かってますから、福利厚生がかなり手厚いです。食事もついて、保険も年金もきっちり正社員あつかい。手取りは少ないですが、楽しそうです。
ちなみに、母は僕の借金も、自殺の件も知りません。時々電話で話しますが、今でも胸が苦しいです。

 
長くなりましたが、今思うところを書いてみました。自分で自分を変えるのは不可能、と思いますよ。
僕がそうでした。
誰かが強制的に変える。
人は自分のためには案外動けないものです。
誰かの為に動くほうが「理由」が明確なんです。
自分の事は妥協してしまいますから。

ちなみに、僕のスロ仲間だった人のブログを紹介します。僕が通っていた店の常連さんで、隣で打っていた時に話をして知り合い、境遇があまりにも似ていたのですっかり意気投合しまして…。ブログは去年から始めたそうで、最初のうちは、よくPCの事で質問されました(汗)

デイリーアクセスで上位に来てたので、びっくりして久々に電話したら、まだ打ってるけど状況はかなり厳しいとの事。奥さんに「出て行け」って言われているそうです。
 
スロット打ってる人が、どんな行動をしているのか、収支がどんな状態か分かると思います。
ブログ自体が面白いかどうかは…(苦笑)。
お暇な時に覗いてください。
 
それでは、失礼します。↓スロッターの現実です。
http://get-777.cocolog-nifty.com/blog/

投稿: スロ狂(超長文すいません) | 2008年2月 2日 (土) 20時08分

スロ狂さん、

とっても詳しく書いてくださってどうもありがとうございます。

またアドバイスもどうもありがとうございます。

運転免許証は取り上げられると思いますが、
残念ですが、保険証はかなり難しいんです。

あそこが悪い、ここが悪いといって
医者通いが絶えないので。。。

ギャンブル依存症であり、医者・薬依存症だと思います。

そんなことから、心が弱い人なのかなと思います。

仕事はここのところ順調だ と本人は言いますが、
電話どころか、メール一本で休暇の連絡をしていたことを知った時はとっても驚きました。

順調ではないのかもしれませんね。。。

でも実際順調そうな時でもギャンブルにはハマっていました。

本人曰く、「仕事で疲れるからストレス解消なんだ」そうですが、ストレス解消法なら他にいろんなものがあるので、何もパチンコやパチスロにハマる必要はないと思っています。


愛情がないのに一緒に暮らす意味、ないかもしれませんね。

でも、経済的なことなどを考えるととっても不安です。

それだけが別れない一番の理由です。

他人でも止めることはできませんが、
本人も自分をコントロールする事ができないんですね。。。

本当に難しい問題です。

スロ狂さんは、破綻したためにパチスロするお金がなくて今はできないだけで、
お金があれば、また、パチスロをするんでしょうか?

物理的にできない状況にならないとやめられない、ということでしょうか?

(スロ狂さんは、今どんな生活をされていらっしゃるのでしょうか?)


私もしばらく夫のお金を管理していましたが、
ものすごく文句を言われるんです。
さも、私が夫のお金を巻き上げているかのような言い方をされます。

管理するだけでも面倒くさいし、疲れるのに、さらに文句まで言われてやってられるか、という気になりました。

最近、夫が前のようにパチスロにハマりだしたのは、
私が細かいことを言わなくなったことも影響しているとは思います。

誰かに何か言われないと自分を止められないのではなくて、自分で自覚して自分でやめられるようになって欲しいと思うのですが、やっぱり99.9%不可能みたいですね。。。

http://get-777.cocolog-nifty.com/blog/
教えてくださってどうもありがとうございます。
さっきチラッと見てみました。

また時間があるときみてみますね。

スロ狂さんのアドバイスも、1度ではなかなか頭に入らないので、また読み返したいと思います。

どうもありがとうございます。

投稿: ルティア | 2008年2月 3日 (日) 15時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自殺未遂1周年記念 | トップページ | 派遣の期限切れ »