« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月16日 (火)

財布がいつも空っぽ

12月ボーナスの日がきた。

.

受験生二人も抱え、夫の借金の返済や住宅ローンもあり、すべて右から左。

いや、足りないくらいだ。

.

いつもの給与口座を当日確認したが入っていない。

.

夫にメールを出して、夫の出張旅費が支払われる口座に振り込まれたことがわかった。

.

キャッシュカードは夫が持っている。

すぐにお金をおろすことは予想できた。

使わないように急いで釘をさしておいたが。。。

.

夕方、夫からのメールに

「今年はみんなボーナスカットされた」とか

「知り合いに借りた借金を返した」とか

見え透いた嘘が並んだ。

.

「ボーナスはいくらだったの?いくら返したの?」

.

その問に

「まとめて返した。ボーナスは○○万円(前回より10万円くらい少ない額)」

ちゃんとした答えになっていない。

.

オンラインバンクでチェックしてみると

2回に分けて10万円近くおろしていた。

.

でも、その日中に使い切ったのだろう、

財布の中はすっからかんになっていた。

.

家に帰ってからも言い訳をする。

私:もう他に借金ない?

夫:ない!

私:誰からもいくらも借りてない?

夫:ない!借りてない!

私:前にもそう確認したよね!!

.

.

そして昨日は夫の給料日だった。

年末調整の10万円が足されていたのに、いつもの半分しか手取りがなかった。

「少なすぎてお金をおろせなかった」と夫に言った。

.

「宝くじを買うからお金ちょうだい」と言ってきた。

それは自分のおこづかいから買うことを確認して、

半月分のお小遣いの15000円を渡した。

今朝、また釘を刺した。

「残りは来月渡すよ。だから年内はもうお金渡さないからね!」

.

今日の夜、頭痛いといって、9時には布団に入った。

明日は息子の病院通い。

前回の領収証をみたら8000円もかかっていた。

私は仕事で連れて行かれないから、夫につれていてもらうことにして

いくら持っているかきいたら、

すでに財布は空だった。

.

「ばかやろー」大声で隣の部屋から怒鳴った。

.

昨日の夜「お金をすぐに使っちゃう病はもう治す」と言っていたのは誰だよ!

.

いつもそうだった。舌の根の乾かないうちに同じことを繰り返す。

.

そして夫の約束に本の少しでも期待したくなる自分も同じことの繰り返しなんだ。。。

.

もう夫は治らないんだろうなぁ。

悪化する一方なんだろうな。

経済的に自立できるように本気で考えなくてはならないのかも。

.

自分にいいきかせなくては。

もう二度と夫に期待してはいけないと。

| | コメント (8)

なかなか復職できない

夫が有休をつかって1ヶ月近く休んでいた時には確かすぐにでも復帰できるようなことを夫から聞いていた。

それがなんだかんだと復職時期が伸びている。

夫から聞いた説明は・・・

.

11月の有休がなくなった時点では

睡眠薬がなくても眠れるようになるまでは復職できないという説明にかわった。

.

主治医に「薬を飲まなくても眠れるようになった」と書いてもらうとかいっていたと思う。

.

そして12月の中旬くらいにはリハビリ出社を1週間位続けて年明けくらいから普通勤務かなぁ。。。とか言っていた。

.

それが昨日会社に診断書を持って行くと

「主治医が復職していい」と診断書に書くまでは復職できない

と聞いてきたと夫が言った。

.

嘘で薬を飲まなくても眠れるようになったとか、

強引に復職する人がいて、そういう人は復職してもすぐにまた休職になるから

復職するのも厳しい取り決めがあるんだとか。。。

.

夫の説明だからどこまで本当かわからないし、

夫がきいたことを正直に話していたとしても

夫に説明した人事や上司が本当のことを話しているのかどうかもわからない。

.

実際、最初に聞いていた話と違う。.

大体、主治医は復職できる口ぶりだったらしいし、睡眠薬飲んで勤務している人なんていっくらでもいるから、そんなのはおかしいと言っていたくらいらしい。

.

なんだかよくわからない。

.

とにかく今の段階では少なくとも1月一杯は休職ということだ。

.

そして休職しているから夏のボーナスも減らされる。

.

本当に復職できるんだろうか・・・

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »