日記・コラム・つぶやき

2009年2月27日 (金)

母が骨折

私が高校生の時に風邪から腎盂炎になった母、少しずつ少しずつ悪化して8年位前かな?そのころから人工透析になった。

そんな母でも転んだりしないようにと、運動する器具を買って、家で足を動かしたりして足腰を鍛えていた。

私の仕事も終わり、母がバスツアーに行きたいというので先週末付き合って一緒に行った。

その前から高校受験や大学受験の手続きやら何やらで毎日忙しくて疲れがでて頭痛がしていたが、母が楽しみにしていたから付き合った。

母もそれなりに楽しんだ様子でよかった。

が、その夜、いつも飲んでいる睡眠薬を飲んで、すぐにベッドに入ればいいものをおきているうちに意識がもうろうとなって転んだらしい。

同居している姉の夫が倒れているのを見つけて、激しく痛がる母を姉とベッドに運んだそうだ。

翌日痛みがひどくて救急車で運ばれて即入院となった。

2年前に父がやったのと同じ、大たい骨けい部骨折。

私は頭がどんどん痛くなったけど、息子を病院に連れて行った日以外は毎日通った。

透析していること、貧血があること、高齢であること、カリウムが高くなってしまっていること、そんなことから手術のリスクが高くなった。

が、手術をしなければしないで別のリスクがある。

そんな医者の説明を受けて手術をする事にした。

昨日、無事に手術が終わった。

手術自体は40分くらいだが、付き添い等には5時間くらいかかった。

退院には3週間くらいかかるらしいが、その頃には杖を突いて歩けるくらいには回復できるそうだ。

救急病院でなければ、もう少しちゃんと歩けるようになるまでいられるらしい。

退院してからどうなるのかな?

私は4月から仕事を始めて大丈夫かな?

.

ちなみに母のリスクはこんな↓ことだった。

・カリウムが骨折による赤血球の破損で急増して6.7になってしまった。7以上になると心臓が止まる危険がある。カリウムを下げる薬を点滴にまぜて少し下げた。

・もともと貧血である上に、骨折により貧血が悪化した。400CCの赤血球の輸血をしてから手術することになったが、献血の血液は傷みを防ぐためにカリウムが多めに入っている。
手術前日の透析前に輸血して透析でカリウムを取ることになった。

・麻酔をすると、血管が膨張する。そうなると心臓は血液を多く送り出そうとして心拍が上がる。しかも、人の半分くらいの貧血になっているから、倍の心拍数になると高齢だから体力が持たなくなってしまうことがある。

・透析をするとカルシウム不足になってくる。骨折した骨のなかにチタンのパイプを通してそれをネジで2箇所とめるが、骨が薄くなっているとそのネジがずれて大変なことになる危険性がある

そんなところだったと記憶している。

| | コメント (0)

2008年2月18日 (月)

不審な電話

今朝9:30頃電話が鳴った。

この3ヶ月くらい日中はほとんど家にいなかったから、

勧誘電話は減っただろうと思い、

友達か誰かかと期待して電話口に出た。

「もしもし~」
聞き覚えのない若い男の声。

勧誘電話か?と思いつつ
「はい」と応答した。

男「あの~○○さんのお宅ですか?」

私「はい」

男「あ~、はい~」

ブチッと電話が切れた。

明らかに我が家であるかどうかの確認としか思えない。

一体これは何?

「空き巣が電話で留守を確認してから入ってくる」

というのを聞いたことがあるが、そういうのかなあ?

怖い~~~。

それとも、また夫がどこだかで借金でも作っているんだろうか?

今はプライバシー保護とかで、金融機関は家族にでさえ用件を言わない(隠す)。

でもちゃんとしたところだったら、

「ご主人いますか?」とか

「かけなおす」とか言うよなあ。

やっぱり怪しい。

ナンバーディスプレイじゃないし、

FLETS光にする前は、確か「136」にかければ、直前にかけてきた先の電話番号を教えてくれた。

調べる方法がない。

気持ち悪い。

| | コメント (4)

2007年12月11日 (火)

3日連続外食

先週末、段々家事がたまり、外出もして、食事を作る時間や体力がたりず、金曜日から日曜日まで夕食は毎回外食になった。昼食も少なくとも2回は外食になった。

出費が痛いけど、最近はどこにも遊びに行ったりしていないし、そのくらいしょうがないかなあ。。。

金曜日夜:すし屋、夫を除く3人で。少し腹ごしらえしてから行った。(4600円くらいだったかな?)

土曜日夜:しゃぶしゃぶ。しゃぶしゃぶセットは二人分で、サラダバーを3人分にしたから、4人全員でしゃぶしゃぶセットを食べるよりは安く上がった。飲み物も頼まず水を飲んだ。(こちらも4600円くらいだったかな?2万円近く支払っている客も結構いた)

日曜日夜:中華屋 娘を除く3人で3000円くらい。

うちは外食の費用としては少ない方だけど、3日分の夕食で私の日給分くらいがとんでいった。

| | コメント (2)

2007年10月17日 (水)

帰ってくると開いていたはずの夫の部屋のドアが・・・

夕方帰ってくると閉めたはずの夫の部屋のドアが閉まっていた。

息子が言うには「帰って来た3時ごろから閉まっていた」という。

は~、以前浴室が閉まっていてあけてみると夫が自殺しようとしていた。

こうやってドアが閉まっていると不気味なんだよね。

また自殺でもしようとしているんじゃないかと。。。

不器用な夫はきっと首吊りはできない。

薬でももう死ねない、となるとまた包丁とかで刺すことくらいかな。

血だらけになった部屋とか、息子も見てしまうことになる。

そんな思いがよぎる。


そっとドアを開けると、夫の姿が見えない。

風でただしまっただけだったようだ。。。


は~、こういうのって本当にストレス溜まる。


夫を家に一人しておくと、「自殺するかも。。。」

帰ってくるのが遅いときは、「また失踪かも。。。」

部屋から出てこないときは、「また自殺かも。。。」


いつもそんな思いがよぎる。


夫が死んでも悲しくも寂しくもないだろう。。。

むしろせいせいするかもしれない。


だけどものすごく後味が悪いし、子供達がどんな思いをするのだろうか、と考えるとよいことではないだろう。

でも、精神的に疲れてくると、もう自殺でも何でもいいや、心配するのはよそう、という気になってきてしまうこともある。


死んだ時は死んだ時、そう割り切らないとやってられない。

私のせいでもないし、子供達のせいでもない。

誰がなんと言おうと夫をとめることはできないんだ、と言い聞かせている。

| | コメント (2)

2007年3月17日 (土)

転職事前合格診断の結果

もし、離婚したり、夫のことが今後も信用できなかったら、私の収入で生活していかなければならない。

派遣社員は一番早く仕事をみつけられそうだし、パートよりも時給が高い。

しか~し、子供二人をかかえて派遣の収入(運よく派遣で仕事が見つかったとしても)では経済的にかなり厳しい。

正社員で仕事が見つかるか、グッドウィルの事前合格診断サービスに申し込んでみた。

返事がなかなか来ない。

転職願望の強い夫も私に2日くらい遅れて申し込んでみた。

そっちはなんと翌日か翌々日に返事が来て、今の年収より高い収入のポジションを紹介できるからぜひ会いたいというメール。

へぇ~。面談してどういう結果になるかはともかく、転職の可能性も期待できるんだ。ちょっと収穫。

どうしても借金が返せなかったり、これ以上夫が借金するようなら転職してもらうしかないかも・・・

退職金で返すしかないし、年収も増えないと月々の返済も返せない。

ところが、夫はその後、気が変わりしばらく今の会社で続けてみることになった。また、いつ気が変わるかわからないけど・・・

そして、しばらくして、わたしにメールが・・・

ダメモトで申し込んでみたが、やっぱりダメだった。

この年齢だし、しばらく正社員としての職務経験がないし、事務職での求職は難しいんだろうな。

スキルを磨いたら、少しはかわるかなあ?

日曜日にはいる求人広告で探してみるか、派遣を探してみるかなぁ。

| | コメント (0)